子育て応援

子どもがセックスってなに?って聞いてきたぞ!小学生低学年の性教育??

寝る段になって小学3年生の長男が聞いてきた。

セックスってなに?

おおお~来たか~ついに来たか~!母は感慨深いぞ!もはや自由にあなたのチンを見られなくなって久しい。あなたはあなたのプライベートゾーンの大切さ、男の子と女の子の体の違いの差、そしてお互いが大事で大切なことが、体の外側にも内側にもあることを『言葉』で知る時が来たんだね。

母、はりきって説明しちゃうよ!

コウノトリが赤ちゃんを運んで来るわけでもないことを。

「そんなことは知らなくていいの!」っていうことではないことを。

恥ずかしがることでもないけれど、大っぴらに話すようなことでもないことを。

男も女も関係なく、体と心はつながっていることを。

さぁ準備はいいか!

赤ちゃんはどこから来るの?になんて答えた?

私はあまり感情的に話をする方ではないと思う。事実は事実として伝えるように努力している。

考えて考えて言葉選んだのに、あげく間違えて勘違いさせることもある。だから重要なことはなるべく芯を突いた短い事実で伝えることにしている。

子どもはなんでなんで星人になる時期がある。もちろん我が家の長男も次男もあった。そして幼児の定番の質問…

赤ちゃんはどうやって生まれるの?

になんて答えたか?

二つのアプローチがある。

① 生物学的アプローチ
② 心の過程からのアプローチ

つまり、①は子どもに教える感じで言えば、「花にはめしべとおしべがあって…人にもそういうものがあって~」みたいなことだ。

②は「お父さんとお母さんがお互いに大好き~って結婚して、そうすると赤ちゃんがやってくるんだよ」という感じか。

まぁ言い方は色々だと思うが、ぼんやりさせるか、はっきりさせるかはその子の年齢にもよるし、理解力ににもよるが、我が家の長男の場合。年長あたりでこの質問が出て来たので、このように説明した。

父と母はお互い大事で大切だなと思っていて、二人で子どもが欲しいねとなったの。それで父の中にある精子っていう赤ちゃんができる小さいものを、母の中に入れてもらって、それが母の中にある卵とこんにちはして、母の中に赤ちゃんができるの。それは奇跡的なことで、沢山沢山ある精子の中でたった一つだけしか選ばれないんだよ。その選ばれた精子が選ばれた卵と一緒になってあなたになった。だからねもうその時点であなたは特別で大切で、替えが利かない存在なんだよ。生まれてきてくれてありがとう!

という感じのことを言った。

わかったのかわからないのかわからない顔をしていたな。

ボッキってなに?と聞いてきたのは数週間前か

数週間前、突然「ボッキってなに?」と訊いてきた。あまりに突然だったので、逆に「ボッキってなによ?」と訊き返してしまった。

よく話を聞くと『勃起』ということが分かった。ほーーーーそんな話をするんだね。聞けば中学生のアニキがいる近所のお友だちから聞いたらしい。ああああ~そうか「お年玉で自分で買ったんだよ!」と嬉しそうになんとかロボを見せてくれていたあの家のアニキも、もう勃起する年齢になったのか。これまた感慨深い…。

って変態ババアみたいだな…。まぁいいよね。『下ネタは世界を救う会』に所属しているし。

勃起とは何か…

女の子の生理と一緒で(※生理の話はすでに毎月のようにしているので知っている)男の子も子どもをつくる準備をするのよ。そのうちのひとつで、あなたの大事で大切なチンが元気になってグンって硬くなることだよ!それはかっこいいことなんだけど、まぁ大っぴらに人に見せびらかすものではないね。まぁその時を楽しみにしていてくれ。

と簡単に説明しておいた。なぜか長男は嬉しそうだった。「シコシコ~っていうのも教えてもらった」だって。まぁ我が家は平和だわ。

セックスってなに?と訊かれて

そして一昨日訊かれた。

セックスってなに?

勃起ってなに?って聞かれた時点で準備しておくべきだったが、突然だったのでちょっとなんて言おうか迷ってしまい…

男の人と女の人がお互いに大切…っていうか、男と男でも女と女でもいいんだけど、それはいろんな人がいて…お互いをもっと知りたいなと思って肌を触れ合わせて…まぁ最終的には赤ちゃんができるんだけど、あっ男同士、女同士では赤ちゃんはできないんだけど…

と全くわけのわからない説明になってしまい、「ごめん、まとめてからまた話すわ」と一旦解散させてもらった。

そして、色々調べたり、考えたりして昨晩発表の時を持った。

さて、セックスとはなにか?という質問に答えたいと思います。まず、長男はセックスってなんだと思う?
赤ちゃんを作ること?
それも合っている。しかしもっと大切なことがある。

以下、母の演説。

体にはプライベートゾーンという部分がある。それはプールや海などの水遊びをする時に裸で入らずに隠す部分があるでしょ?それはどこ?そうそこ!男の子と女の子で隠す部分が違うよね?そこがプライベートゾーン。

じゃぁなんで隠すんだろう?それはね、そこはひとりひとりの大切な部分でむやみやたらと人には見せないの。大切で大事だから隠しておくの。だからそこの部分を誰かに無理やり見られそうになったり、触らされそうになったらはっきり「やめて」というんだよ。そして長男も他の子のプライベートゾーンを無理やり見たり触ったり見ようとしたらダメ。それは暴力だから。誰かが大事に大切にしていることを無理やり奪ったりしたらいけないよね?

その大事に大切にしていた場所を「この人だったら見せたり触らせたりしてもいいし、見たり触ったりしたい」と思うことがいつか長男にもやってくる。その時にお互いに隠していた場所を見せたり触ったりするのがセックスだ。そこには大事とか大切だという思いがあって、だからこそ素敵なことなんだよ。相手がいることだから自分だけの思いを押し付けちゃだめだよ。

プライベートゾーンは特に心と強いつながりを持っているからね。だから自分の体も心も大切にすること。むやみやたらと汚い手でかっこいいチンを触らないようにね!触りたくなったら手を洗ってからだよ(笑)

赤ちゃんができるのはその先の話。

と一説ぶってみた。

長男は

わかった~なんかキモっ

と笑いながら言っていた。

コヤツはモテ男だから、色々ちょっと心配なんだよなぁ~。一体今まで何回ラブレターをもらてきたことやら…。

性と心は難しい

私の育った家庭は、性に関しては変に隠すことはなかったけれど、オープンでもなかった。わかっているけど、特に話さないという環境。まぁ一般的だったのかな。

でも私自身はおぼこかったと思う。小学校のあの「女子だけ集まって説明を受ける集会」で初めて『生理』を知ったし、セックスについての『生物学的』な学びは高校生の生物の時間だった。その授業をしてくれたのは男の先生だったが、とても面白いものでそして真剣なものだった。

自分を守るための、人と平和に生きていくための、共生して未来につなげていくための授業だった。

※堕胎された瓶に入った胎児のおびただしい数の写真は未だに思い出す。

女子高だったので女子だけだったが、やはり男女でお互いにお互いの体や心のことを知っておくのは悪いことではないと思う。

心と体はつながっているんだから。

 

期間限定無料モニター募集中