夫婦関係

幸せの定義 夫の幸せ度の高さは妻の功績なのか?それは妻の幸せ?

諸事情で家族で実家にいる。昨日購入したハエ取り棒は結局良き働きをせず、まず母がつかまり、そして飼い猫がつかまり、ハエ取り棒は本来の働きをせず、猫の毛だらけになってしまっている。

残念なことだ。

さて、諸事情+αで長姉も一緒に実家にいる。夫と長姉と3人に話している時に、なんでそんな話になったのかは忘れてしまったが、夫の幸せ満足度の話になった。

長姉が訊いた「じゃぁ今の幸せ満足度はどれくらいなの?」
すると夫は「80%かな」と言った。

興味深い!!非常に興味深い!!と私は黙って聞いていた。

一通り話を聞いて私の眉間にはしわが寄った。

それをみた長姉はすかさず訊いた「不満そうな顔だね?なんで?それってはるちゃんの功績みたいな、価値みたいなものだよね?」と。

はっ?そうなの?夫の幸せ度が高いってことは妻のおかげなの? 私はそれによって幸せ満足度は上がっていないけど?

でも、そうか…そうかもしれないな~。その夫の幸せそうな姿をみて「なんでヤツばかり!!私はがまんしているのに!!」という思いがあるから、眉間にしわが寄っちゃったんだな。要は『我慢』しているってことだ。私も私で幸せにしていれば眉間にしわが寄ることもないんだろう。

「私ばっかり…」という思いがネックなんだな。

夫の趣味は…

夫は走るのが趣味。ロードレースのマラソンも走るが、基本的には山の中を走るトレイルランを主にやっている。

昔は応援にも行っていたが、何時間もかかるレースでずっと夫の姿を見られるわけでもなく、子どもが小さいときはウロチョロするのに気を使ったり、時間をつぶすのも辛いのでいつしか行かなくなった。

夫が一緒に来て欲しがっているのはなんとなくわかっていた。旅行を勝手に決めてくるときは、必ず自分のレースに絡めてくるから、来てほしいんだなとは思っていたけど、「なんであんたの趣味に合わせて旅行を決めるのだ。旅行中はあんたは自分の好きなことをやっていて、すぐ姿をくらませるだろう?それを家族旅行と言えるのか?」と不満だった。

夫の最終目標はUTMB(ウルトラトレイルモンブラン)。このレースに出場できる抽選権を手に入れた。さらっと書いたがものすごいことなんです。国内のウルトラトレイルに沢山出て、いい成績を残してこの抽選権を手に入れる。モンブランってあのフランスの山脈で、あの周りを100マイル、制限時間47時間をかけて走るというレース。

このレースに出られたら幸せ満足度が100%になるそうだ。

残念ながら去年は抽選に漏れ、今年はこんな情勢なので中止となってしまった。夫は行くなら家族全員で行きたがっている。

はぁ~~~?絶対行かないから!!と宣言している。お金もそうだし、現地で夫はひとり自由行動だろうし、私は別に旅行好きでもない。

夫がひとりで行くことは別にかまわないけれど、私はお金を出しなくないなと思っている。そして夫に貯金がないのも知っている。きっと借金していくんだろうなと思うとそれもまた憂鬱になるひとつということもある。

私の功績でもあるのか?

因みに、長姉の趣味もマラソン。ロードレースがメインだが、トレイルもやる。だから、夫のすごさや、このUTMBに出られる喜び?もよくわかる。

ここまで来るのに家族の理解や応援がないとできないことということもよくわかるらしい。

へぇ~私、別に応援していないけど?と言ったら、世の中にはここまで夫を自由にさせない妻も多いから、応援に行かなくても「それを黙ってやらせてあげる」こともすごいことなんだそうだ。

へぇ~そうなんだ。そもそも夫がそれで幸せ満足度100%になったとしても、私の幸せ満足度は上がらないけど? とも思うし、夫の幸せ満足度の尺度の中に、私や子どもたちが一切絡んでいないのも不満だけど?と思った。

で、眉間にしわを寄せて話を聞いていたけれど、ふと「ああ、そうか…これが女性性とか、女神とかいうことなんだな」と思った。

「あなたの幸せが私の幸せです」みたいな感覚?
「そこに私が直接絡んでいなくても」みたいな思い?

あとの20%を達成してしまったら?

で、あとの20%を達成してしまったらどうなってしまうんだろう?もう死んじゃうんじゃないかな?という思いもあるらしい。

なんかわかる(笑)

夫は練習をサボりだし、体もちょっとダレてきている。きっとね、潜在意識で100%までもっていかないようにしてんじゃないの?と思う。

100%になる怖さってよくわかるんだよね。

これも投影なのかな~。

幸せ100%になる覚悟…コミットメント…これが決まったら、きっと…

『夫の幸せが私の幸せ』につながっていくんだろうね。

ちょっと実験してみるか…夫の幸せ満足度100%を一緒に目指せるか?そのためにはまずは…

夫は夫
私は私

の境界線だろう。私は私で幸せになれるんだから。夫の幸せを「ずるい」とか「夫ばっかり、私ばっかり」と思うこと自体、線引もできていないってことだしね。

**********

今、ゲームをやっている夫の隣でおしゃべりしながらこれを書いている。

夫は私のやっていることに興味はない。「何書いているの?」と訊かれたこともないし、今、私がカウンセラー業をしていることも知らないだろう。

そんな「私に興味を持ってもらえていない」ことに不満を持っていたけど…

よく考えたらどっちもどっちだったりして…。別に私も夫に興味がなかったかもしれない(笑)

夫婦は鏡だからね。

さて、来年までに色々準備して家族4人でモンブラン目指そうか。

どうかな~?

今日のBUMP OF CHICKEN

気がつけばいつだって
ひたすら何か探している
幸せの定義とか
哀しみの置き場とか

♪天体観測 作詞:藤原基央

期間限定無料モニター募集中