お金問題

夫がケチ!生活がキツイ!夫ストレスが半端ない!とお悩みのあなたに

夫がお金をくれないという悩みは、あなたの『体質』をちょっと改善すれば解決の糸口がみつかるかもしれません。

あなたの夫は経済的にあなたに不当な苦労をさせてはいませんか?単刀直入にいうと、夫婦が同等のレベルの生活をしていますか?もしそうとは言い難いというのであれば、あなたは『経済的DV』の被害者かもしれません。

新しい服を買ってくると…

モラ夫

なにそれ?新しいの?いくらしたの?それ必要?

と言って来たり、

極端に少ない生活費で生活しろと言ってくるのにもかかわらず、自分は趣味などに湯水のようにお金を使う。

そして二言目には

モラ夫

誰の金で生活できると思っているんだ? 俺と同じくらい稼いで来い

とか言う。

ため息しかでません。

そんな時はちょっとあなたの目線を変えて、被害者体質を改善すれば経済的DVから抜けだすことができるかもしれませんよ。

毎日の生活が辛い、自由になるお金があれば…と思っているのであれば、指をくわえて我慢していてはなにも前には進みません。進めない理由をちょっと横に置いておいて、できることを一緒に模索していきましょう!

まずは自分を知って経済的DV体質から抜け出す方法を見つけましょう!

貧乏体質脱出作戦

この記事では、夫がお金をくれないと困っているあなたの体質を改善し、今後お金をもらうこと、稼ぐことを誇りに思う未来が待っていることをお伝えする記事です。

 経済的DVって?

経済的DVはなかなか線引きが難しいDVです。まずは自分が被害者かどうかの判断してみてください。それによって気持ちの持ち方が変わります。

経済的DVとは一言で言うと、十分な収入があるのにもかかわらず、妻(夫)には自分と同じレベルの生活をさせず、不当に経済的な困窮に陥れることを言います。

例えば…

  • 年収1,000万円あるのにもかかわらず、それは妻には教えず月3万円の生活費しか渡さない
  • 妻の収入をすべて取り上げる
  • 外で働くことを許さず、働かせない
  • 自分だけ(もしくは子どもも)贅沢な食事、趣味等にお金を使うが妻(夫)にはそれをさせない
  • 執拗にお金の管理をする

などです。一つ一つの家庭によって生活レベルも違うし、環境も違うので一概に言えませんが、経済的に困窮していることを夫婦間で解決できる方法があるのにもかかわらず、それをさせず、不当に妻(夫)を管理、支配することですね。

いかがでしょうか?思い当たるふしはありますか?

因みに我が家の場合は、夫は自分の給料はすべて自分のおこづかいにしており「これは経済的DVだ!」と思いましたが、そうではないのです。なぜなら私には十分な収入があり、それでローン、子どもの教育費、生活等々がまかなえ、確かに節約はしなくてはいけませんが、家庭内で私一人が経済的に困窮しているわけではないからです。

あなたはいかがですか?参考までに…↓

https://www.iihitoninaritai.com/itmightbeeconomicaldv/

もちろん家庭内で、あなたとご主人で納得した上でのことでしたら、他人がとやかくいうことではないのですが、このサイトにたどり着いたということは、「ちょっとおかしいかも?」と思っている言うことですよね?

もしあなたが家庭内で不当に経済的に困窮しているならば、それは経済的DVかもしれません。その状態にあって幸せですか?

経済的DVの中にあっても、幸せを目指すこともできるんです。一緒に考えて行きましょう!

お金に対しての印象

さて、あなたはお金って”不浄なもの”と思っていませんか?もしそう思っているのであれば、その考え方は変えましょう。

お金は”不浄なもの”ではなく、世の中をスムースに回していく、ただの紙と金属片です。

あなたの生活をスムースに回していく紙と金属片をもらうことになんの躊躇もいりません。なるべくたくさんあった方が、よりスムースになりますが、少しだったとしてもうまいことやればスムースにできます。

そこに、”不浄”だとか”儲けるのは悪”とかいう考え方はないんです。

じゃ、なんでそう思うのか…?不思議ですね…

あなたはどうですか?お金は不浄…あまり儲けてはいけないもの…と思っていませんか?

それはたぶん、『お金』が目的になっているからだと思いますよ。

お金をもらうことに引け目がありませんか?

先日、なにかの番組でお金持ちが紹介されていたんです。たまにありますよね、そういう番組。で、金ぴかの人が出て来たんです。ガルウイングの車で登場していかにも「私金持ちです!」という人。

わたし、興味深く見ていたんです。その金ぴかの人の職業を聞いたときに「えっ…」と戸惑ったんです。

獣医さんだったんです。いわゆる、町のおしゃれな獣医さん。

春野

獣医さんってそんなに儲かるんだ…獣医さんなのに…なんかヤダな

今、ここで「別にいいじゃない?なにが悪いの?」と思ったあなた!正解です。どんな職業であれ、お金持ちになってもかまわないですから。お金は社会的評価の現れですから、この金ピカの獣医さんは努力して、自分の頭で考えてここまで来たのでしょうから、なにも非難されることはありません。

ああ、なんかヤダね、確かに…と思ったあなた!多分そこです!夫もそこを分かっているんです。なんとなくお金をもらうことに躊躇していることを。お金をもらうことに罪悪感を持っていることを。

無意識化で『お金持ちになってはいけない』と思っているんですよ~。

実はこれ、わたしです。口では言いますよ…

春野

お金沢山稼ぎたい!お金持ちになりたい~

って。想像もします。お金持ちになったらあれしたり、これ買ったり…とかね。

でも実際、会社に評価されてグンッ!とお給料が上がった時なぜか「ヤバイ…そんなにいらない。生活できるだけでいいから」と思っちゃったんですよ。この考え方が、夫からお金をもらえない状況を引き寄せているんです。

あなたはどうですか?胸を張って「わたしは夫から十分なお金をもらうことに何の躊躇もない!!」と言えますか?

あなた

私には稼ぎがないから…
専業主婦だから…
夫の稼ぎがないと生活できないから
我慢するしかない。

とか思っていませんか?

まずその考え方を変える努力をしましょう!因みにわたしも絶賛意識改変中です!

モラハラ夫がなぜお金をくれないのか?その心理と考え方を知ろう!夫がお金をくれない…と思い悩んではいませんか? とても深刻な悩みです。かくいう私も夫からお金をもらっていません。 どうやったら夫が...

貧乏体質から金持ち体質に

生まれ持っての体質とか、気質ってありますよね。これってどうしようもないというわけではないんです。体質や気質を自分で理解した上で、それをまるっと認めたうえで「じゃぁどうするのか?」と考えていきましょう。

人は全員不平等に生まれてきます。それは絶対です。

福沢諭吉は

天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず

福沢諭吉『学問のすすめ』

と言いましたが、これは人類皆平等という意味ではないんです。

天はみんな平等につくったはずなのに、なんだか世の中みんな金持ちもいて、貧乏もいて、賢いのもいて、残念なのもいる。なんで?どうすればいいの?

という問いなんですよ。

生まれながらにして不平等な私たちにできることは、学ぶことです。必要な知識を身に着けることで自分が向上し『不平等感』と薄れさせていくのです。

それが『学問のすすめ』です。

自分向上を目指して学べばこの不平等感はなくなります。実際は不平等ですよ。もちろん。だけど、「世の中不平等、あの人ばっかりずるい。わたしばっかり損してる」という気持ち…。

つらいですよね。

あなた

同じ社宅に住んでいて、夫同士の階級もさして変わらないのに、あちらの奥さんは自由にブランドものを買ったり、家族でディズニーランドに行ったりしているのに、わたしは生活費さえ十分にもらえないし、夫はお金のかかる趣味にたくさんお金使って…収入がいくらかも教えてもらってない。ずるいずるい…なんで私ばっかり。

と思うのも無理ないです。確かにそう思っちゃうますよね。

ただね、そう思っているだけじゃお金は入ってきませんし、満足いく生活も幸せもこちらに近づいては来てくれません。

あなた

じゃあ、どうしろっていうのよ!!

ってことで、体質改善です。

まずは捨てるべき考え方

心理カウンセラーの石原加受子さんをご存知でしょうか?

貧乏体質の人が持っている考え方は3つあるといいます。

  1. 罪悪感
  2. 争うこと
  3. 我慢すること

罪悪感

大金を持つとなんとなく悪いことをしていると思えたり、大きいお金を使うことに後ろめたさを感じるといったことです。

例えば、仲の良い友だちが「最近がんばってアフィリエイトで稼いでいるんだ!月10万円になったよ。あなたも一緒にやろうよ!稼げるよ!」と言われたとします。

・・・・・・

もしかして今…

あなた

アフィリエイトって怪しくない?そんなことでお金稼いでいいの?楽して稼いでいるっぽくない?そういうのなんかヤダ

って思いませんでした?

確かに「主婦がたった1日で10万円!」とか「えっラインするだけでこんなにもらえちゃう??」みたいな怪しい広告は信用なりませんが、アフィリエイトで稼ぐということはきちんと調べると怪しくもないし、簡単でもないです。

自分の頭で考えて、大変な労力を要します。

あれと一緒ですよ。「Youtuberは好きなことだけやって簡単に金稼いでいる」と思い込んでいるのと。

そもそも、お金を稼ぐために汗水たらして、苦労して、いやなこともやらないとお金はもらってはいけないと思うのも貧乏体質です。

楽しいこと、やりたいことをやってなおかつお金を稼いだっていいんですよ。なぜかそれを良しとしない風習が日本にはある気がして仕方がないですが…。

こういう「楽して、お金を得ることは悪いことだ」と少しでも思っていたら、人はその罪悪感を消すために自分を制したり罰してしまい、お金から遠ざかるような行動をとってしまいます。

この『罪悪感』を解消するには、あなたの心を解放される方法を実行していくことです。

争うこと

今、あなたは夫から十分な生活ができる金銭をもらっていないかもしれません。でもお金は必要だから夫から受け取りたい…でも言えない…という心理に陥っていませんか?

なんで言えないのか?一つは①の罪悪感でしょう。そして二つ目は「お金をもらうためには夫と争わなくてはならない」というネガティブな思考です。

あなた

でも、「生活費が足りないからもう少し入れてください」って言っても激高するか、無視されるかだし。こっちも言いたくないもん

と思いますよね。要は争いたくないってことですよね。

お金ってだれかと争わなくても手に入ります。

私はブログのタイトル通り夫がお金をくれないんです。夫の給料はほぼ全部夫のおこづかい。しかも毎月使い切るんだそうです。いったい何に使っているんでしょうね?数年前まで「どっかに愛人囲っている」と本気で思っていました(笑)

お金のことで言い争いになったことも何度もあります。絶賛改善中ではありますが、バリバリの貧乏体質の私はそもそもお金の話をするのも嫌いだし、「お金ちょうだい」というのもなんとなくセコイ感じがして嫌だったんです。(今思えばですが)

そういう心理が働くと、人とというのは自分の罪悪感を消すために「あちらが悪いからこちらが言わざるを得ない」という「私がかわいそうな人」という設定にしたくなります。

要は「あんたがお金入れないから悪いんだ!!」と責める口調になるわけです。もしくは下手に出て「お願いします。お金が足りなのでください」というパターンもありました。

そして夫がお金をくれたかというと・・・・答えはNO!

激高して「やればいいんだろ!!」とカードを投げつけられたり、「俺はもう明日死ぬ」と言ってみたり…。

わたしも「じゃぁいいよ!」と怒るか「死なれちゃかなわん」と引き下がるかのどちらかでした。

そしてわたしの転機になった2017年春…。本当にパキっと音がして、夫のへ興味というか意識が途切れました…。そしてその意識を夫から自分自身の芯に完全移行した後、いろいろな変化が起きました。

モラハラ夫との付き合い方 あなたの行動や反応を具体的に指南しますモラ夫と暮らし始めて何年になりますか? ・・・・ そうですか…もうだいぶ経ちますね。今までがんばってきたと思います! あれ...

それはここでは語りませんが、夫がちょっとお金を出すようになったのです。

そして先日、突然「おれ、月10万円だそうか?15万円でもいいけど」と言ってきたのです。

2017年春前の私だったら「えっ?なんで?今更どうしたの?パチンコ当たったとか?」と言っちゃっていたと思いますが、自分でも驚きましたが「やったー!助かる!!ありがとうさん!」と言っていたんですよね。

争わなくてもいいんですよ。

他人(夫)との争いばかりに意識が向いて、自分がやるべきことに集中できなくなると、あなたの目標がぼやけてしまいます。

お金が目的ではありません。

(注:意識を夫から自分の芯に移行させれば夫がお金をくれるというわけではありません)

お金があったらあなたはどうしたいのでしょう? 御飯が食べて幸せな気分になるのが目標ですか?

お金があって素敵な洋服をたくさん買える幸せですか?

いや、そんなことじゃない!!というのであれば、ぜひその目標を見出して、その目標に向かって行動してみてください。きっと目的はお金じゃないんです。もしかしたら円滑な夫婦の会話かも?いろいろ共有したいだけかも?

それはわかりませんが…。

その未来がはっきり見えると、おのずとお金持ち体質に近づいていくことができます。

我慢すること

我慢は美徳…とは思っていないとは思いますが、「自分はいつも我慢している」という自覚があるのではないかと思います。我慢はしないほうがいいです。我慢は幸福度を下げ、結局お金を失ってしまう場合が多いです。

あなたは「~しなければならない」と思うタチではないですか?「~あるべきだ」という思いも強いと思います。

いずれ一戸建てを買いたいから貯金をしなければならない。
子どもの教育資金をためなければならないから節約しなくてはならない
老後のことも考えて、貯蓄しておかなければならない。

だから我慢しなければならない。

「~しなければならない」って、もしその目的が達成されたとしても、結局また新しい「~しなければならない」が出てきます。

一戸建て立てたからいずれ修繕するための貯金をしなければならな
子どもの教育が終わったから、今度は自分たちの老後のために貯金しなければならない
あと何年生きるかわからないから、お金は使うべきではない。

といつまでも我慢の人生が待っています。

自分の感情が大切です。我慢しないで自分の心に問いかけて、都度小さな欲求をかなえてあげることで感情が解放されます。

我慢ばかりしないで、自分の欲求を大切にしてみてください。

あなたはなんでもできるんです

いろいろ事情があるとは思いますが、物理的に夫から経済的自立をするという方法もあります。

簡単にいえば自分だけの収入を得ることです。その時に「なんで私が働かなくてはいけないの?隣の奥さんは…」と比較したり、うらやんだりしていては前には進めません。

働くことは恥ずかしいことでもないし、稼ぐことは悪いことでもない。

あなたの心のどこかで貧乏体質3大原則がうごめいているのだと思います。

それでもわたしはなんの取り柄もないし、働ける場所もない…と悲観的になるかもしれません。

このご時世、誰かのせいにしたり、環境のせいにしたりしないで、自分自身に意識を向ければ生きていけます。

大丈夫です。生きていけます。

もしよかったら。ご相談メールくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金持ち体質と貧乏体質 人生が変わる!お金が入る! [ 石原加受子 ]
価格:1458円(税込、送料無料) (2019/6/16時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

貧乏体質ってやっぱりあると思います。自分自身が貧乏体質なので…しみじみしちゃいます。なんでしょうね、お金に対する罪悪感…

私は結構ヘビーな方だと思います。(だから夫にお金もらえないんでしょうね)

会社の経費すら、経理に請求するのを躊躇したり、言えなくて自腹切ったりしています。

これは本当によくない!!と思ってはいるんですよ。でもまぁ、だいぶ軽減されてきていますが…。

経理の人怖いんだもん~(笑)

胸を張って生きていきましょうね!

応援しています。応援よろしくお願いします!!

期間限定無料モニター募集中