夫婦関係

経済的DVが始まったきっかけは?過去は変えられる!あなた次第で!

結婚して何年ですか?いつからモラハラが始まりましたか?結婚してすぐ?子どもができた時? もしかして突然?

特に経済的DVはモラハラの中でも最上級とされています。今回は我が家の歴史をみて、経済的DVが起きるきっかけと、そこから自由になる方法を探っていきましょう!

家庭内モラハラの解決方法はもちろんひとつではありません。もう離婚しなくては危険な状態の家庭もあれば、とりあえず急いで別居がいいという状況もあるでしょう。そこまでじゃなくて、いい対処方法があればそれでなんとかやっていきたいと思っている方もいるでしょう。

これで問題が解決しますよ!という方法はここでは提示していません。ごめんなさい。わたしが楽になった考え方が書いてあります。参考にしてください。

色々なタイミングがあったと思います。何年経っているかわかりませんが、きっと時々こう思っているのではないでしょうか?

あなた

なんでこんなことになっちゃったんだろう?なにが悪かったんだろう…?

こう思うのは無理はありません。でもここで「ああすればこんなことにはならななかった」とか、「こうなったのはあの時こういうことがあったからだ」と過去に原因を探していてはなにも変わりません。

過去に原因はありません。結果があるから、原因がうまれるのです。

ついでにもう一つ

過去は自由に変えられます。あなたの考え方次第で!

明るい未来ゲット方法

モラハラ、経済的DVに悩むあなたに、私の結婚生活を参考にしながら、過去の原因を探りつつ、自分の過去を変え、そして未来を明るくするためのヒントをつづっています。

経済的DVが始まるきっかけ

結婚前からモラハラやら、経済的DVをされているのにもかかわらず、結婚したという方はよっぽどの事情があるか、それでもその人がそれほどまでに好きだったという方でしょう。でも、たいていは結婚後にあるタイミングで経済的DVが始まったのだと思います。

そのきっかけを見つけて冷静に分析すると、未来を明るくすることができます。

過去に原因を探して後悔ばかりしていては前に進むことはできませんが、過去を研究することで、未来をよくすることができるようになります。

春野家の事情

我が家の場合は経済的DVではありません。ただ、夫の給料はほぼ(ちょっと払うようになってきた)夫のおこづかいです。そして夫がまったく家にお金をいれなくなったきっかけは、介護です。

結婚して6か月後、同居していた義父が脳梗塞で倒れ介護が必要になりました。その時夫は「今後大変になるから、今の仕事じゃ介護ができない。転職する」といって転職しました。それはむしろ「人任せにせず、すばらしい」と思ったのですが、いったん無職になりお金を入れてと言いづらくなりました。

親が要介護になって気持ちも落ち着かないところに「お金!」というのもどうかなと思ったのです。(間違い①)

そして、介護するための家を購入する時に「転職して間もないとローンが組めない」という言葉を信じて、わたしが一人でローンを組むことに。(間違い②)

再就職して、給料が手取り19万円になり低くなったので様子見ながらもらおうと銀行の「カードを貸してください、必要な時だけもらいます」と言ったところ、カードを投げつけられ、ビビりました。1年くらいは10万円ほどもらっていましたが、しばらくして「ちょっとカード貸して」といわれカードは回収され、それっきり返ってこなくなりました。「カードは?」と訊くとキレる。(間違い③)

介護して3年くらいたったところ、夫は介護うつのようになってしまい、父に暴力をふるうように…。これで「お金お金」と言ったらますますおかしくなり、借金でもするのでは?という恐怖から一切もらわなくなる。

結局介護もせず、お金も入れず、話せばイライラして八つ当たりされる日々…。子どもの前でだけは父に暴力をふるうなと言っても、言い返されるので、子どもの前でこれ以上家族のいさかいを見せるのはよろしくないと思い、引き下がることに…。

こう書いてみると、なかなか自己分析するにはいい材料がそろっていることがわかります。あの時は毎日があまりに忙しく、熱心に話し合いをするくらいなら「お金はいらんわ。自分でなんとかする」と思っちゃっていたんですね。

あの時こうしておけばと思いますが、過去の事実は変えられないので、この事実から夫の行動を分析し、今後の自分の行動の参考にしていきます。

まず自分は「わたしがなんとかすればそれでいい」と思ってしまう傾向があるようです。

しかし、そう思ったのにもかかわらず、グチグチ文句を思い続けるというあまりよろしくない癖があります。よく思い返してみるとすべて夫に誘導されたかもしれませんが、自分自身の選択であることに間違いはないようです。

そして夫は、「自分で決めたわけではなく、向こうが決めたからお金を出していない」というところをうまく利用して「自分は悪くない」と思っているのでしょう。

ということは、どんなに誘導されても、引き下がらない、絶対「じゃ、もういいよ。わたしがやるよ」と言わず、粘り強く相手に決めさせることで、明るい未来が待っているかもしれないという分析にたどり着きました。

モラハラ夫がなぜお金をくれないのか?その心理と考え方を知ろう!夫がお金をくれない…と思い悩んではいませんか? とても深刻な悩みです。かくいう私も夫からお金をもらっていません。 どうやったら夫が...

あなたはどうですか? 過去を分析するとどういうレポートができますか?

今、楽になるためには

あなたが楽になるためには、モラ夫はモラ夫であり、あなたはあなたの人生を生きるのだと自分に言いきかせることです。そしてそれを本当に信じることです。

わたしは生活が困るほどの経済的DVは受けていないので、本当に切羽詰まっている人は、ぜひ無料相談できるところに相談してみてください。

そこまでじゃないけど…ちょっと誰かに聞いてほしい…という方はお気軽に問い合わせからメッセージくださいね。

あなた

分析とか、原因とか未来とか言うけど、じゃ今どうすればいいの!!

と言いたくなりますよね。

今あなたにできることは、今を生きることです。過去への後悔と、未来への不安は考えないようにしましょう。考えるとドツボにはまっていきますよ!

そこにモラ夫がいるから無視はできませんが(むしろ無視はしないほうがいいかも)、あなたの脳内を改革していくことに集中しましょう!

モラハラ夫との結婚は人生の失敗?答えはNO! 脳内改革で幸せな明日モラハラ夫に悩まされ「こんなはずじゃなかったのに…」と思い悩んでいますね? 本当に「こんなはずじゃなかった…」ですよね?結婚した時...

そして少しでもいいから、自分自身で稼ぐ方法を考えていきましょう。モラ夫に止められるとは思います。そういうの嫌いですもんね。でも、そもそもモラ夫に許可をもらわないといけないことはないはずです。

しれっと働いちゃいましょうか!

https://www.iihitoninaritai.com/isitpossibletoworksecretly/

いずれにしても、モラ夫が突然キレて、星一徹ばりに食卓をひっくり返しても、暴れはじめても…

あなた

わーーーびっくりした~

と精神的ダメージを受けないくらいの冷静さを手に入れてくださいね。

未来を明るくするためには

危険な状態まで追い詰められている方はモラ夫からすぐに離れた方いい場合もありますので、自分でなんとかしようとしないでくださいね。

明るい未来ってどうすれは訪れるんでしょうね…?

あなたが我慢すれば

あなたが無理すれば

モラ夫が心を入れ替えてくれれば

訪れるんでしょうか?これはなかなか難しいですよね。

忍耐とか我慢はいい結果をもたらす場合もあります。もちろんあります。でも忍耐や我慢をするべき時は、「この我慢を超えれば必ず明るい未来が待っている」と確信がある時だけです。

過去の事実を分析してみてどうですか?夫の行動や自分の感情を顧みてみて、我慢した方がいいと判断することもあるかもしれません。

冒頭で『過去は変えられる』 と書きました。過去は変えられないよと思いますか?

わたしもそう思っていました。

ただ起こった事象は変えられませんが、その後の未来が幸せならば、悲しい過去や辛い過去も

あの時乗り越えられたから今がある

あの辛い出来事があったから今こうして新しい自分に出会えた

と思えるようになるのです。

過去は変えられる参考↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

過去は自由に変えられる マジックミラーの法則 [ 佐藤康行 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/5/22時点)

楽天で購入

 

 

 

例えば、私は小学校の時バレーボールチームに入っていました。さして強くもなかったのですが、とにかく指導者たちが怖かった。叩く蹴るは当たり前、竹刀をもって立ち、ミスすると太ももを思いっきり叩かれる。具合が悪くなっても怒られる。隠れて吐いて練習する。と言う環境。いまだったら大問題になりそうなチームでした。

私自身さほどやる気も起きない上に、練習に行けば痛いので嫌でしたが、補欠のまま6年まで続けました。

この辛い過去どうとらえるかということなのですが、

あんなチームに入っていたせいで自己肯定感下がるし、未だに怒鳴り声を聞くとあの時の感覚が蘇ってきて本当にいらない過去

と思うか、

あんなチームに入っていたけれどそのおかげで、大人がいつも正しいわけじゃないということもわかったし、がんばり方を間違えるとなにも身につかないこともわかった。我慢してもなんの得にもならないと判断しときに勇気を持ってやめる選択もあることも学んだ。

と捉えることもできます。そして面白いもので同じ時期に同じチームにいたのにも関わらず、「とても楽しかった」という人もいました。私の記憶がおかしいのかと思っちゃいましたが、そうではなく人それぞれの価値観や、ものの取り方の問題なのでしょうね。

どっちになるかは、過去に起こった事象ではなく、どんな過去でも自分の幸せのための肥やしにしていく努力なんだと思います。

要は、あなたの幸せな未来のヒントは過去に隠されているのです。

そして考える順番は・・・

「あの事があったからこういう結果がある」

ではなく、

「今私はこうだけど、ここに行き着いたことの原因はなんだったんだろう?」

と考えてみてはいかがですか?

原因があって結果があるのではなく、結果があってその上で過去に原因をさがすのです。自分のどういう考えが、今の結果につながったのか?ということです。

結果と原因についてはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新訳 原因と結果の法則 (角川文庫) [ ジェームズ・アレン ]
価格:475円(税込、送料無料) (2019/5/22時点)

楽天で購入

 

 

 

まとめ

毎日が辛くてまったく幸せを感じられなくなっていませんか?

こんな状況じゃなんにも変えられないし、誰もわかってくれない。

と辛い思いをしているならば、是非考え方を変える努力をしてみてください。

人は幸せになるために生まれてきたんですから。

あなたが幸せになってはいけないなんてことはないのですから。

周りに話できる人がいないのであれば、問い合わせからメッセージくださいね。

過去も未来も変えられます!

あなた次第で!

応援しています!

山本春野のカウンセリングメニューはこちら

カウンセリングメニューこちらから
 カウンセリングメニュー 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください