夫婦関係

犠牲と取引を手放した先に自分の幸せがある。幸せコミットメント!

パートナーがずるいとか、感謝してくれないとか、オレ様だとか、暴君だとか、モラ夫だとかいろいろある。

どうしてもパートナーに期待をしたり、取引をしたり、がんばり屋さんだと犠牲を払ってしまったりする。そして度が超えると大問題に発展していってしまう。それは『期待』『取引』『犠牲』をとっぱらって、自分が幸せになることを目指すとおのずと解決していくものだ。

こっちは我慢しているのに、相手のためを思って行動しているのに、返ってくるのは罵声だったり、無視だったりする。結局損をするのは自分ばかり…と思うことがある。そしてもうどうしていいかわからない状態にまで追いつめられる。打つ手なし!みたいな。

結局、夫やパートナーにどうにかしてもらおうと思ってもどうにもならない。かと言ってこちらとしてはできることはすべてやった。向こうの言い分も守ったし、期待に沿えるようになんでもやって来た。じゃぁどうする?そう相手のことは相手に任せて、自分自身を整えていくことから始めてみては?

どうしようもない夫との関係をどうにかしたいと思うのであれば、まずは自分を悦ばせることから始めよう。

あれは取引だったのか?

新婚当初、お弁当を作っていた。どういう思いで作っていたのかはよく覚えていないけれど、今思えば『わたし自身の喜びのために』作っていたわけではないと思う。

お金がもったいないから
いい嫁だと思われたいから
夫をコントロールしたいから

という思いが強かったような気がする。「私がしたいからする」という思いだけではなかった。それは明らか。

なぜなら夫から「美味しかったよ」とか「いつもありがとう」とか「助かったよ」という類の言葉をもらったことは一度もなかったのが不満だった。

お弁当に関するコメントは全てネガティブだった。「腐りかけてた」「マヨネーズが使いにくかった」「保冷剤とか入れたりしないの?」「量が多い」「量が少ない」

そんなコメントにいつもカチンと来ていた。なぜカチンとくるかと言えば…

『取引』をし、『犠牲」を払っているからに他ならないよね。夫が喜んでくれる顔を見て私が喜びを得られるのであれば、そんなコメントもより大きい喜びのための『愛のアドバイス』ととってもいいかも。

(と書いていても「いや、それはできない」と思っている)

「取引」は「お弁当を作ってあげたんだから、感謝すべし」という感じ。

「犠牲」は「お弁当作るのは面倒だけど、しないとダメ嫁と思われそうだから作る」という感じ。

そしてある日、夫に「お弁当が腐っているからもういらない」と言われて…

はい、恨みポイント増加~となった。

喜んでほしいというよりも

たぶんね、喜んでほしいというよりも、いい嫁と思ってほしい。認めてほしい。特別だと思ってほしい。愛されている感じが欲しい。という思いの方が上回っていたんだと思う。

だから「腐っているからいらない」と言われた時、自分自身を否定されたように思ったんだろうな。

いわゆる『他人軸』だからこういう思いが出てくる。相手の判断や評価でしか自分の評価がえられない。

「私が作りたいからお弁当を作る。それを相手がどう捉えようとも関係がない」というところまで行くために手に入れるものは…

『自分軸』と『自己肯定感』ってことになるんだよね。

仕事を辞めてからリクエストされた

私が仕事を辞めてから、子どものお弁当を作るついでに夫に「お弁当いる?」となんの気なしに訊いてみた。

すると「いる」と言って、次の日、自分専用のお弁当箱を買ってきた。(驚)

あれ、お弁当欲しかったのかな?一時の気の迷いかな…?と思いつつ、まぁ適当に子どものためのお弁当のついでに作っていた。

そして子どもの給食が始まった今、まだ「お弁当いる?」と訊くと「いる」という。恨み節にならないように「お弁当腐ってない?」と訊いてみたら…「???腐ってないけど?」と言う。

私の記憶がおかしくなっているのか?なんなんだろう?あんなに敵意を持って「弁当が腐っている!!」と言っていたのはなんだったんだろう?まぼろし??

最近こういうことが増えてきた。あんなこと言われた。こんなことされた。という記憶が…まぼろし??と思う経験が…。

勇気を出して「こんなこと言ったよね?」と訊いてみると大抵「えっ?そんなこと言った?へぇひどいねオレ」という返事が返ってくる。

何が私たちに起きているんだろう?

パートナーは鏡

『あなたが変われば相手も変わる』という言葉が大嫌い。今でも「いや、相手は変わりませんよ」と言う。

「あなた自身をあなたが受容すれば、見ている世界の視点が変わりますよ」というのは心底思っている。

で、今生きている世界の見方の視点が変わると、過去を見る視点も変わるんだと思う。

結婚当初、行動指針は『犠牲』と『取引』で、罪悪感と無価値観の塊だった私が見ていた世界は、きっと夫が見ていた世界なんだろう。

押しつけられて受け取れず、与えたくても受け取ってもらえず、そんな自分が情けなく、罪悪感と無価値観を募らせて「どうせ私なんか」と毎日つぶやき、そのうち補償行為にでて、私の場合はそんな自分に悦に入って…。ってとこかな。

夫がどうだったのかはわからないけれど…。

そんな時代もあったよね~と口ずさみながら、そんな過去の自分を愛おしく思う。だったあんなにがんばっていたんだもん!あれ以上のことはできなかったし、そうするしかなかったし、今タイムマシンがあったとしてもきっと同じことをする。

だからそれでいいのだ。

今の行動指針は「私が喜ぶことをする」。お弁当に関しては…そこは妄想の力を借りているけれど。まぁそれもヨシかな!!

そうそう、いかに私が「誰かのために」生活をしていたのかがわかるのが、食事なんだよね。今、昼間なにも食べないのはたぶんそういうことなんだと思う。誰かのために何かをつくることしかできないのかも。

食に関して興味がないわけではないけれど結局食べない私。誰か作って誰が興味あるんだろう?という思いが抜けきらないですが、私の性癖をひとつご紹介。 それは、さほど食に関して興味が持てないことが最近ま...

でも、まぁそれでも…イイネ!

山本春野のカウンセリングメニューはこちら

カウンセリングメニューこちらから
 カウンセリングメニュー