子育て応援

正しさの主張で言い争う親子を横で観察してつくづく思う…君の正しさは…

我が家はガンプラ家族。(わたしは作らない)

ガンプラってご存知でしょうか?

機動戦士ガンダムというアニメに出てくるロボット(って言い方もあれだけど)のプラモデルのこと。

夫はガンプラを小学生の頃から作っていて、多分本格的な方になるんだと思う。コンテストとかにも出しているし。夥しいガンプラが我が家にはある。

子どもたちも幼少期から英才教育を受け、年長さんで素組み(説明書通りにガンプラを組み立てること)はできる。3人ともMYニッパーを持っている。

作っているときは3人ともとても楽しそう。ニッパーの使い方がうまいとか、ヤスリがけが丁寧とか褒めまくる。塗装で独自なサイケな色にしても夫はなにも言わずに「おおっ!いいな!」と褒める。

大切にしていることが、目的が違う

夫は自分でプラ板を切ったりなんだかんだりして、カスタマイズして完成度を上げていく。塗装にもかなりこだわりがある。そしてうまくできると、食事のときにもダイニングテーブルに置いて眺めながら食事をしたりする。

自分が満足いくところまでもっていて、完成させ、鑑賞するのだ。それが目的。時にはコンテストに出して誰かに評価をもらって喜んだり落ち込んだりする。そういう楽しみ方。

もちろん、ガンプラコンテストは美しくできたガンプラ、自分の世界観を表したガンプラが賞を取るものなので、楽しみ方としては正解なのだろう。

しかし息子たちは違う。組み立てるのも塗装するのも楽しい。しかし、ガンプラ自体の完成度に対する満足度はそこまでである。

その後二人がすることといえば…できたガンプラを、想像の翼をはためかせて戦わせるのである。

もちろん、戦いなので、時にはガンプラはバラバラになる。真剣に戦っているのだから。そして修理してまた戦わせる。時には違うガンプラのパーツを合わせて独自のガンプラになってしまっている時もある。

それが楽しいのだ。クリエイトとディストロイ。創造と破壊。それを繰り返し、そして収集がつかなくなり、我が家の床にはガンプラのパーツが散乱し踏むと痛い。

ガンプラを戦わせている時の二人はそれはそれは楽しそうで、「プシュー」だとか「ドワフッ」みたいな効果音を立てて、二人の想像の中では、我が家は居間は完全に宇宙空間になっている。

しかし、夫は「せっかく買ってあげたのに、粗末にして本当に腹が立つ」という。「ガンプラを大切にしない。すぐ壊す」と怒っている。そりゃそうだろう。一生懸命こだわって作ったガンプラを飾ることに価値があると思っているのだから。それが正しいガンプラとの付き合いだと思っているのだから。

どっちも正しく、どっちも間違っている

正しさの主張を始めたら、それはガンダムの世界ではないけれど、戦争に発展する。

俺が正しくて、あいつは間違っている。
間違っていることは正さなくてはならない。
正しいことが正義なのだから、どんな方法をとっても正さなくてはならない。
あいつの主張は聞く必要がない。だって間違っているんだから。

親子なんてほとんどそんなもんだよね。特に親の方は長く生きている分経験も多いし、正しさのこだわりも増えてきている。

言い争う夫と長男を見ていて思うこと

夫よ

だれかガンプラをおもちゃのロボットを使うみたいにして遊んじゃいけないって決めたの? ガンプラは本当によくできていて、稼働範囲も広く、手に取って遊ぶのにあんなにいいおもちゃはないよね?

なんでダメなの?

あなたがガンプラを大切にしているのはよくわかっているし、子どもたちもよくわかっているよ。だからあなたのガンプラには手は出さないよね?

買ってあげたんだからそのガンプラは子どもたちの好きにさせたら?そこまでコントロールしたかったら、買わないか、作ったら遊ばせないように隠すか、ショーケースに鍵かければよろしい。

子どもたちよ

ガンプラをさ、おもちゃみたいにして遊ぶことをしない人がいることは知っているよね?とともだけど。さんざんガンプラコンテスト見に行っているんだから、自分の作品を大切に思っている人がいることもわかっている。ガンプラをおもちゃにして!と怒っているととに、長男が腹が立つのはどうしてだろうね? ちょっとよくないかな?と思っているからかな?申し訳ない気分になっちゃったのかな?

やりたいことを出来る範囲でやっていればいいと思うよ。気持ちはわかるけど、自分のやっていることを否定されたからと言ってわざわざ文句をつけなくてもいいと思うよ。

「だって戦いごっこ楽しいんだもん。(*´◡`*)てへぺろ」以上!だよ。

なんてことを言ってみるけど、響いているかどうかは知らない。

正しさは主張したくなるもんだ

人間生きていれば「これはあたりまえ」「これが普通」「これが常識」だという観念が増えていく。

それが、自分自身を作っている。自分自身を「これでいいのだ」と思わせてくれる材料になっている場合もある。

でもね、それを主張し続けていたら幸せになるんだろうか?周りが全員自分と同じ価値観、常識、正義を持つようになるのだろうか?

ここで引き下がったら負けだ…と思うのも無理はない。

でもね、なんで負けちゃダメなんだろうね?

自分がなくなっちゃう?
自分に自信がなくなっちゃう?
今までの人生が否定されたような気になる?

なんでそう思うのかを考えるのも悪くないと思うよ。

自分は自分
人は人

なんだよね。

期間限定無料モニター募集中